親戚の人との任意売却

不動産の親戚間任意売買は可能か?

両親の住む実家を親戚に購入してもらい賃料を払って住む

【ご相談内容】
松井(仮名)と申します。 宜しくお願いいたします。
74歳の私の父が多重債務者で、いろんな弁護士の方や相談所に行って考慮に考慮を重ねた結果、父の自己破産手続きをすることになりました。 しかし母親はどうしても思い出のある自宅を手放したくはないと言っています。

そこで自宅を残す方法として親戚に買い取ってもらって、家賃をその親戚に支払っていけば結果的には自宅を残せると聞いたことがあります。

具体的にどのような方法、順序で計画実行するのでしょうか。 親戚におねがいしようと思うのですがデメリットはどのようなことが考えられますか?

 ★住宅ローン残は720万円(契約者は父で私との親子ローン契約となっています)
 ★固定資産評価証明書では土地が624万円、家屋が568万円です。
 ★名義に関して、土地の持分は父、母、姉、私で4分の1ずつ。家屋の持分は父と母が2分の1ずつです。
 ★父の自宅には父と母と姉とその子供2人の計5人住んでいます。私夫婦は別に暮らしています(私も住宅ローンがあります)

【ご質問にお答えさせていただきます。】
松井様(仮名)
買い戻しということですが、

質問(1) まず誰が買うのか?
質問(2) 現金なのかローンなのか
質問(3) 金額はいくら用意できるのか?
残債務が720万円ということですので、それに抵当権抹消費用、仲介手数料を考えれば、760万円以上は必要です。 ただ、松井様の物件の所在が 解りませんので相場が把握できませんが、固定資産税評価額から逆算すると、1,500万円くらいが適正価格なのでしょうか?

そして、購入者(親戚)のデメリットは、居住者が賃料を支払わなくなった場合のリスクが有ります。

余談ですが、お父様は多重債務とのことですので、現状不動産には住宅ローンしか設定されていないかもしれませんが、不動産に仮差押えなどをつけられる可能性高いので早急に対応しなければいけないでしょう。



親戚間の任意売却のトップ »