自己破産なら残債はチャラ?

住宅ローン滞納で競売/任売後の残債

残債をチャラにしたいのなら自己破産しかないでしょう

【ご相談内容】
私、大阪府の地方都市に住む、北島(仮名)ともうします。
現在築9年の一戸建て、残額2,400万円あり、月11万円の支払いです。 住宅ローンの滞納はしていませんが、市の税金(国保・住民税・固定資産税)が計200万円+利息100万円の合計300万円有ります。  税金は月々分割4万円で払っていますが、利息が増えていくばかりです。

市からの差し押さえの可能性が有るのと、今後60歳過ぎまで住宅ローンを払っていける自信も無く、家を手放そうかと思っています。 住宅ローンの自己破産なら競売にかけられ残額は0円になると聞きました。  貯金が全く無く任意売却も不可能と思いますが、何か良い方法があれば教えて下さい。 宜しくお願い致します。

【ご質問にお答えさせていただきます】
上記の文面に書かれている内容に対してのみの返信です
自己破産をするのなら、確かに残債務は支払わなくても良くなります。 これは競売でも任意売却でもあてはまります。

また、任意売却をするにあたっての料金は一切かかりません。 任意売却の費用は物件が売れた際に、債権者の方から不動産仲介手数料として 支払われます。 借金を抱えてしまっている債務者側からは料金は頂きません。

滞納している税金は自己破産をしても逃れることはできませんので注意してください。

【 豆知識 】
ちゃらの語源は色々な説が有りますが、私は仏教用語からの出自説を取りたいと思います。
「ちゃら」は差し引きゼロの意味で、元は梵語(仏教の世界の言葉)の「チャラ」が語源で、詐欺の事を指します。
愛宕山 常瀧寺(じょうりゅうじ)の仏教おもしろクイズをご参照ください。



自己破産なら残債はチャラのトップ »